メニュー ホーム

腕時計の買取時の注意点

こんにちは、ウサギ座です。

今回は腕時計の買取についてのお話になります。

腕時計っていっても、ちょっと高めの腕時計のお話です。

勿論ずっとお話しているバブルの”当時”流行した腕時計のお話です。

 

当時流行ったブランド品の腕時計といえば、ロレックスやエルメス、カルティエ、ブルガリやシャネル等、ちょっと高い所で言うとピアジェとかでしょうか。

ピアジェは持ってませんけどね・・・だって、当時でも高かったですもん・・・

 

ブランドに限らず、腕時計の買取でちゃんとした値段で買取って貰う場合に必要な事は

  • 勿論動いている事
  • 保証書が残っている事
  • 箱に入っている事
  • ブレスレットタイプの場合、外したコマが残っている事

ロレックスの一般的な時計は電池式じゃ無いですけど、カルティエやシャネルの時計は基本的に電池式の物が多かったんで、ちゃんと動かしてから買取店に持って行きましょう!

じゃないと、すっごく買取金額が安くなっちゃいますよ!(経験談

余談ですが、グッチなんか止まってたら数百円でしたよ・・・

 

他の付属品が全て無かったとしても買取って貰う事は可能ですけど、あるに越した事はありません。

だって、買う人にとっては、保証書とか箱は欲しいですもんね。

当然私も付属品が無かったら本物なのかも分かりませんし、買うの躊躇しちゃいますもん。

 

全ては次に使う人の気持ちになって、買取店に持ち込んだら良いという事ですね。

皆さんも心当たりがあれば一度お持ちの時計を見返してみて下さい!

カテゴリー:腕時計 買取情報

ウサギ座